オーディションプラス

 

映画『許された子どもたち』出演者ワークショップ

主催

『許された子どもたち』事務局

 

募集締切

2017/3/19

 

募集内容

『許された子どもたち』
内藤瑛亮監督『先生を流産させる会』以来の長編自主映画。
山形マット死事件や川崎中1殺害事件といったいじめによる死亡事件に着想を得て、加害少年と加害者家族と被害者家族を描く企画です。

 

 

出演者ワークショップ開催
映画監督・内藤瑛亮による、『許された子どもたち』出演者ワークショップの参加者を募集します。少年犯罪を巡る問題を演じることを通じて考えていくワークショップです。参加者はワークショップ終了後、2017年に撮影予定の内藤瑛亮監督『許された子どもたち』にキャスティングされます。
※男子中学生役が中心の配役となりますが、女子中学生役もメインキャストとして登場します。

 

いじめで人を殺し無罪…おぞましい疑問から生まれた『先生を流産させる会』監督の新作始動(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000003-flix-movi #Yahooニュース

 

 

【監督】内藤瑛亮 ないとう・えいすけ
1982年生まれ。愛知県出身。映画美学校フィクションコース11期生修了。
特別支援学校(旧養護学校)に教員として勤務しながら、自主映画を制作する。
短篇『牛乳王子』が学生残酷映画祭・スラムダンス映画祭はじめ国内外の映画祭に招待される。初長編『先生を流産させる会』がカナザワ映画祭で話題となり、2012年に全国劇場公開され、論争を巻き起こす。
教員を退職後は、夏帆主演『パズル』や野村周平主演『ライチ☆光クラブ』を手掛ける。

 

応募資格

[募集定員]15名
[応募資格]11歳~15歳まで(小5~中3) ※演技経験の有無は問いません
[実施期間]4/8(土)~5/27(日) 毎週土曜日または日曜日 10:00~16:00(全8回)※終了時間は内容によって変更があります。
[受講料]10,000円(消費税込)
[応募締切]3/19(日)必着

 

応募方法

必要事項をメール文面に書き、写真を添付して、yurusaretakodomotachi@gmail.comに御応募ください。
詳しくはホームページをご覧ください。
〆切: 3/6(日) ※日本時間23:59まで
件名「出演者ワークショップ参加希望」
① 氏名(ふりがな)
② 性別
③ 生年月日
④ 住所
⑤ 携帯電話番号/携帯電話アドレス/PCメールアドレス
⑥ 保護者氏名
⑦ 保護者の電話番号/携帯アドレス/PCアドレス
⑧ 経歴
⑨ あなたがこれまでにした「悪いこと」を教えてください。
⑩ 川崎中一殺害事件について、あなたの考えることをお伝えください。
⑪ 質問事項がございましたら、以下スペースにご自由にお書きください。
⑫ 胸から上と全身が映った写真を添付してください。

※個人情報は適切に管理し、ワークショップの活動のみに使用し、第三者への提供・そのほかの目的には使用しません。

 

姉妹サイト

オーディション合格への道

 

最新情報をお届けします