オーディションプラス

 

オーディションプラス内 検索

ジャンヌ・ダルク題材のミュージカルオーディション

主催

"ミュージカルを考えるチーム" ビエンナーレ

 

募集締切

2017/12/25

 

募集内容

”ミュージカルを考えるチーム" ビエンナーレ

 

ミュージカル「ジャンヌ, またの名を奇跡」

 

ミュージカルの可能性を研究し続ける作家チーム・ビエンナーレが贈る最新作。
2017年1月、女相撲を題材としたミュージカルで好評を博した彼らが、今度は独自の手法でジャンヌ・ダルクに挑む!

 

なんとジャンヌ・ダルクを演じるのはひとりだけではありません。
劇中で何役もが入れ替わりながら展開するストーリー!

 

出演者全員で英雄ジャンヌの人物像を描き出す音楽劇を初演にしてロングラン上演する。
今作は現代の若者たちを中心に物語を展開し、史実をリアリスティックに再現していく。
ジャンヌ・ダルク役も含めた幅広い年齢の出演者を募集。意欲ある若者、未経験者も歓迎。

 

 

▼ Q&A ▼
Q. 殺陣・アクション、ダンスの経験がなくても大丈夫?
A. 本作は、ジャンヌ・ダルクとその周りの人間たちのドラマをお芝居と歌で綴るもので、大掛かりな殺陣やレビューショーのようなダンスシーンはありません。 最低限の立ち居振舞いと身体表現ができる方であれば、舞台に立つことができます。

 

Q. 男性キャストの活躍の場は?
A. 物語を通して、男性たちの存在はとても重要です。王太子や兵長、神父やブルゴーニュ公などジャンヌと関わる主要な役のほとんどは男性が占めています。

 

Q.ジャンヌ・ダルク役は決定済み?
A.今回、ジャンヌ役を含むすべての役をオーディション合格者の中から決めます。若者を中心としたカンパニー構成のため、キャリアや実力以外の部分で役に 抜擢される可能性も十分にあります。同じ役を交代で演じる演出があるため、多くの出演者に台詞とソロが振られるチャンスがあります。

 

<ビエンナーレとは>
劇作・演出家の北村太一と作曲家山下永眞によるミュージカル研究団体。2017年1月、女相撲を題材としたミュージカル「土俵で相撲をとることは大変キケンです」 (出演:石丸椎菜、今泉りえ、宮川浩 ほか) を発表。北村太一の真骨頂である予想だにしないストーリー展開と、山下永眞の遊びに満ちた音楽は好評を博し、女力士誕生の物語を観る者の心に強く印象付けた。二人はビエンナーレの結成以前にも、10年にわたって様々な舞台作品を生み出しており、その動員は10,000人を超える。日本では珍しく固定ファンのいるミュージカル作家チームでもある。

 

応募資格

●募集要項
カンパニー(男性6名、女性6名の予定)
チケットバック、ノルマあり

 

●応募資格
・男女:年齢不問 (俳優・女優、モデル、歌手、アイドルの方)
※本作は若者たちを中心に物語を展開する演出となり、ジャンヌ役を 含め数役を兼ねていただきます。
・稽古(3月下旬)から本番(5/30~6/11)までのスケジュールを調整できる方

 

 

●オーディション
2018年1月16日(火)、1月19日(金)のどちらか 都内にて実施

 

応募方法

Eメールにて
件名: 「2018年5月公演 オーディションJ係/( お名前 )」
本文:①名前(フリガナ) ②性別・生年月日 ③身長 ④所属 ⑤経歴 ⑥連絡先 (データ受け取り可能なアドレス必須) ⑦写真2点添付 (全身・バストアップ)
をお送りください。

 

●応募先
biennale@matsu-p.com

リンク

オーディション合格への道

 

最新情報をお届けします