3C分析でオーディション対策

 

3C分析でオーディション対策

 ビジネスで使うフレームワークに3Cというものがあります。オーディションでも3Cを使って客観的に分析し、戦略を立ててみましょう。
 3CとはCustomer(市場)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの言葉の頭文字です。
 オーディションを受けるにあたって、3Cそれぞれについて次のような分析をしてみてはいかがでしょう。

 

Customer(市場)

 Customer(市場)はオーディションでいうところのオーディション主催者や審査員、そしてオーディション対象の顧客やターゲット層のことです。

  • そのオーディションではどんな人材を求めているか?
  • 審査員が手がけた作品にはどのようなものがあるか?
  • その作品はどんな客層をターゲットにしているか?

 

Competitor(競合)

 Competitor(競合)は同じオーディションを受ける人や、オーディション対象の競合のことです。

  • そのオーディションには自分以外にどのような人が受けにくるか?
  • その作品の競合にはどのようなものがあるか?

 

Company(自社)

 Company(自社)とは自分の技術や能力、容姿などのことです。Customer(市場)とCompetitor(競合)を踏まえたうえで、自分が勝てるための戦略を立てます。

  • 市場や競合を踏まえた上で、自分は合格にふさわしいか?
  • 合格にふさわしい人になれるように、努力できることがあるか?
  • 自分の能力や人より優れている部分は、オーディションの対象に対して良い効果を生み出すか?
  • その作品やイベントが盛り上がるために、自分ができることは何か?
  • オーディションの応募資格をみたしているか?
  • オーディションに合格したとしてスケジュールは空けられるか?

 

 このように分析すると、自己PRや志望動機につなげることができます。どうして自分はそのオーディションを受けたか、自分ならどんなふうに貢献できるかをアピールするとよいでしょう。

 

姉妹サイト

オーディション合格への道

 

最新情報をお届けします