オーディションプラス

舞台「劇場版 サヨナラワーク」出演者インタビュー

 2015年5月21日~24日、池袋シアターグリーンBOXinBOX Theaterにて舞台「劇場版 サヨナラワーク」が上演されます。
 4月のスタジオ公演を経て独創的な世界観や思わず魅了される演出や演技が話題となっているこの舞台作品。
 出演者の千広真弓さん、柚木成美さん、そして演出・プロデュースの深寅芥さんに舞台「劇場版 サヨナラワーク」に向けての意気込みをお聞きしました。

 

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

舞台「劇場版 サヨナラワーク」

ストーリー

『君に好きだなんて言われたら救われる私の世界』

 

ストーカー被害に遭い男性不信になった成美[柚木成美]は友人の真弓[千広真弓]が運営するシェアハウス「サヨナラワーク」に住むことを決意します。

 

そこは女の子専用のシェアハウスで、女の子4人との共同生活を成美は楽しんでいました。

 

そんななか事件が起きます。
「サヨナラワーク」に住む女の子たち全員が同じ人を好きになったのです。

千広真弓さんプロフィール

千広真弓さん

 

 千広真弓(ちひろまゆみ)
 2009年から声優活動、2010年から役者活動を開始。
 サヨナラワークは久しぶりの役者活動となる。
 学生時代はデザインを専攻。絵を書くことが趣味。
 舞台「劇場版 サヨナラワーク」では自身と同名の[千広真弓]役を演じる。
 千広真弓さんTwitter

 

柚木成美さんプロフィール

柚木成美さん

 

 柚木成美(ゆずきなるみ)
 2012年から小劇場を中心に舞台活動を始める。2013年まで寺山修司、アングラな作品に多数出演。
 現在は主に劇団エリザベスの作品に出演。  
 2014年からはD3P公式劇団ドリームクラブの魔璃としても活動中。
 舞台「劇場版 サヨナラワーク」では自身と同名の[柚木成美]役を演じる。
 柚木成美さんTwitter

 

深寅芥さんプロフィール

 深寅芥(みとらあくた)
 2004年7月より劇団「空間ゼリー」の演出・俳優を担当。2010年度はハロプロエッグ演技講師を務める。現在、D3P公式劇団ドリームクラブの主宰を務める傍ら多数の舞台を演出、製作している。舞台「劇場版 サヨナラワーク」では演出・プロデュースを務める。

 

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

感情を素直に表現できたスタジオ公演

──まずはサヨナラワークのスタジオ公演(※)、お疲れさまでした。私も観劇させていただきました。次の舞台「劇場版 サヨナラワーク」のネタバレになるといけないのであまり言えませんが、世界観や出演者の皆さんのみずみずしい演技が光っていたと思います。
 (※2015年4月に4日間、計10回、池袋スタジオネリムにて「サヨナラワーク」が上演されました。)

 

サヨナラワーク
絵が趣味の千広さん。スタジオ公演の看板は彼女が手がけた。

千広真弓 ありがとうございます!サヨナラワークは、それぞれキャラクターは悩みを抱えていますが悪い人が出てこなくて、心が暖かくなる作品だと思います。
 それと、脚本のエリーさん(※)の紡ぎ出す言葉には嘘がなくて、一つ一つの台詞が心に直接響いてきました。「真弓」という役を演じていて胸が苦しくなる台詞がいくつもありましたが、素直に感情を表現することができたと思います。
(※サヨナラワーク脚本 劇団エリザベス主宰 k.r.Arryさん)

 

柚木成美 私はとにかく「真弓」に心を動かされっぱなしでした。「真弓」が笑ってくれると照れちゃうし、悲しそうだと本当につらい気持ちになりました。涙が止まらなくなったシーンもありました。心の動きを素直に表現できたと思います。

 

──柚木さんはもともと千広さんのファンだったとお聞きしました。

 

柚木 はい。真弓ちゃん(千広)が主演した舞台を見て、それ以来ファンになりました。ネットを通じて友人になり、今回のサヨナラワークも私から「またお芝居やってみない?」と誘ったほどです。ずっと共演したかったので1つの夢が叶いました。本当に尊敬してるんです。

 

千広 そんな風に言ってくれるのは成美ちゃん(柚木)だけです。(笑)役者としてはブランクがあったので不安でしたが、成美ちゃんが背中を押してくれました。

 

 

──サヨナラワークはご自身の名前と役名が一緒ですね。その点について、やりにくかったことや逆にやりやすかったことなどはありましたか?

サヨナラワーク
仲の良さが伝わる一枚。柚木さんの熱烈な”ラブコール”が、千広さんが役者活動を再開するきっかけになった。

 

千広 とても演じやすかったです。役としての「真弓」ではなく、私自身として舞台上で存在しているような不思議な感覚でした。

 

柚木 同じ名前ですが自分とは真逆な女の子なので最初はどう演じればいいか戸惑いました。でも演じていくうちにどんどん感情移入していきました。

 

──サヨナラワークはシェアハウスが舞台です。

 

柚木 シェアハウスで暮らしている知り合いが何人かいて話を聞いていると楽しそうで以前から興味がありました。サヨナラワークのメンバーでシェアハウスしたらきっと毎日楽しいです。

 

千広 シェアハウスをしたいと思った事はありませんでしたが、サヨナラワークのメンバーならみんな暖かくて優しい人たちばかりなのでしてみたいです。

苦労もあったが確かな成長もあった

──客席から見ていてもチームワークや仲の良さが伝わってきました。稽古や本番を通して、苦労したことや成長できたと思ったところはありますか?

サヨナラワーク
千広さん作、スタジオ公演出演者の似顔絵。可愛らしいさのなかにも特徴がよく捉えられています。

 

柚木 今回、私は物語を進行する役割で、どうしたらわかりやすく伝える表現ができるのか苦労しました。本番でお客様が真剣に自分の長台詞を聞いてくれている姿を見て、自信を持って表現することができました。

 

──観ている側としては柚木さんが話された時に、逆にこちら側が惹きこまれる感じがして、自然と聞き入ってしまいました。これは演出の深寅さんにお聞きしたいのですが、観客を惹きこませるための演出意図などはあったのでしょうか?

 

深寅芥 長台詞は聞かせるのではなく、おっしゃったとおり惹きこませる必要があります。そのために、ただ伝えるだけではなく、まるで音楽を聞いているかのような心地よさを感じてもらう演出を施しました。

 

千広 深寅さんの演出は私にとっては斬新でした。とにかく怒らない、やさしい(笑)。1日1日の稽古がとても充実していてとても勉強になりました。私が1番大きく成長できた部分は感情を押し殺さず、感じたままに表現できるようになったことだと思います。

 

柚木 稽古や本番を重ねるごとに楽しんで芝居ができるようになりました。ですが、役者として成長できているのか、正直自分では分からないところがあります。

 

──成長しているか分からないとおっしゃっていますが、そのあたりについて、深寅さんはどう思いますか?(深寅さんは柚木さんが所属している劇団ドリームクラブの主宰もされている)

 

深寅 成長の自覚はなかなかしにくいものです。私が柚木さんに感じるのは芝居への向かい方が変わったということです。次はどんな芝居をしたいか、自分自身で考えられるようになった。これは大きな成長の証だと思います。

 

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

シアターグリーン版の舞台「劇場版 サヨナラワーク」はさらに楽しんでいただける公演になる!

──深寅さんも登場されたことですし、次のシアターグリーン版の舞台「劇場版 サヨナラワーク」の話に移りたいと思います。シアターグリーンです。率直にどんなことを思いましたか?

 

柚木 客席からしか見たことがなかったシアターグリーン。シアターグリーンの舞台に立ちたいと、憧れていた劇場なのでとても嬉しいです。小さな空間で作り上げた世界をどうやって劇場で作り上げるのか、私自身も楽しみです。

 

千広 サヨナラワークは私達にとって大切で愛おしい作品なので、素敵な舞台で改めて公演できることが素直に嬉しいです。サヨナラワークは心に響く暖かい作品だと思うので一人でも多くの方に見てもらいたいです。

 

──今度は「池袋シアターグリーンBOXinBOX Theater」ということで、会場がグンと大きくなります。その点について何か思うことはありますか?

 

柚木 より多くのお客様に観てもらえる喜びがあります。劇場が大きくなったことでお客様も広い視野でサヨナラワークの世界を楽しんでいただけると思います。

 

千広 スタジオネリムの大きさや部屋の構図にあった作品だったので、舞台セットがどの様に変わるのか楽しみです。スタジオ公演での良さを活かしつつ、よりパワーアップした作品を届けられると信じています。

 

──深寅さん、パワーアップしたシアターグリーン版に向けて、スタッフ陣はどのような意気込みで臨まれますか?

 

深寅 空間が広がるということは自由度が広がるということです。広がった自由度をどう活かすか。そこを特に意識して役者も演出も臨んでいきます。また、美術、照明、音響など全てのスタッフはアーティストです。アーティストが寄り集まって「サヨナラワーク」という総合芸術をお客様にお届けできたらと思います。

 

──ありがとうございます。「サヨナラワーク」の稽古で特に注意して取り組んでいきたいことはありますか?また、挑戦してみたいことはありますか?

サヨナラワーク
シアターグリーン版への思いを熱く語るお二人。

 

柚木 スタジオと劇場、お客様との距離感もまったく変わってくると思います。さらに繊細に、わかりやすく表現できるように取り組んでいきます。

 

千広 前回の公演よりさらに繊細な心理描写に挑戦したいと思います。またダブルキャストになり新しいメンバーも加わるので、新しいサヨナラワークをさらに魅力的に表現できるように頑張ります。

 

──サヨナラワークという作品は、観客とのイメージの共有が特に大切だと思いましたし、そこが見事にハマった素晴らしい舞台だと感じました。会場が大きくなることについて、演出家として、何か出演者に要求していることはありますか?

 

深寅 サヨナラワークという作品の理解を深めることを要求しています。シアターグリーン版の稽古は始まったばかりですが、早速新しいことを始めました。それは役を入れ替えての稽古です。他の役を知ることで自分の役への理解が深まります。シアターグリーン版ではサヨナラワークの世界観がさらにお客様に伝わりやすくなるよう努めていきます。

 

柚木 演出、演者もさらに深みを増した表現となり新しい世界観もみられると思います。一度ご覧くださった方にも初めての方にも楽しんでいただける作品にしていきますのでご期待ください。

 

千広 初めてサヨナラワークを観劇する方も楽しめる作品になるように全力を尽くします。充実した時間を一緒に過ごせるように頑張ります。ぜひ、ご来場お待ちしています!

 

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

高校生の頃の自分にエール

──オーディションプラスでは中高生といった若い世代の方がたくさん見られています。高校生の頃の自分にエールを送るつもりで、何か伝えたいことはありますか?

サヨナラワーク
学生時代を思い出して頂きました。

 

千広 実はお芝居が怖いと感じていた時期もありました。でも今はお芝居に携われることを幸せに感じます。ですから、高校生の自分に何か言えるとしたら、「怖がらず何でも挑戦してね」と言いたいです。

 

柚木 私は自分に自信がありませんでした。でも、いろいろな作品に触れてきたことで、私は変わることができました。高校生の頃はやりたいことがあっても、後ろ向きに考えてばかりでした。高校生の頃の自分には「やりたいことをやってね」って言いたいです。

 

千広 若いからこそできることもある!

 

柚木 もっとやれば良かったなあっていう後悔はあります。今はそれを取り返そうと必死に頑張っています。(笑)

 

”高校生以下1000円”の思いは?

──舞台「劇場版 サヨナラワーク」のチケットですが、高校生以下は大変お求めになりやすい価格(1000円)となっています。これにはどのような思いが込められているのでしょうか?

 

深寅 演劇というジャンルが斜陽なったといわれたことがあります。それは未来に投資しなかったからだと思っています。今の若い世代に演劇を見てもらう機会を作ることが次世代への投資になると思い、高校生以下は1000円という価格にしました。

 

柚木 私は高校生の頃、チケットが高くて演劇を観にいきたくても観にいけないという悔しい思いをしました。演劇に興味のある高校生にはこの価格は嬉しいと思います。

 

千広 「サヨナラワーク」に触れてもらって演劇の楽しさを感じてもらいたいです。そして、大学生や社会人になっても演劇をやってみようかな、続けていこうかなと思ってもらえたら嬉しいです。

 

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

役者として表現者としてもっともっと成長していきたい!

──オーディションプラスでは、役者を目指している方もたくさんみられています。同じ役者としてどのようなところを観ていただきたいと思いますか?

サヨナラワーク
難しい質問にも真剣に答えてくださいました。

 

柚木 サヨナラワークに触れて役者としてとても勉強になりました。出演者全員、演技スタイル、表現の仕方もそれぞれ違い、それぞれの個性が生かされています。みんな魅力的なお芝居をしている姿を見てもらえたらと思います。そして演劇と作品を愛している気持ちが伝われば嬉しいです。

 

千広 苦しかったり、寂しかったり、幸せになったり、さまざまに変化する心の動きが伝わるよう頑張ります。サヨナラワークの世界を純粋に楽しんでもらいつつ、お芝居の楽しさも感じてもらえたら嬉しいです。

 

──最後にオーディションプラスを見ている皆様へ、大げさかもしれませんが、エールや役者としての決意表明のようなものがあればお願いします。

 

柚木 オーディションは自分の目指す目標に近づくための大事な一歩です。そこには自分の愛せる作品、素敵な現場が、いろいろな出会いがきっとあります。これを見てくださっている同じ夢を持つ皆様といつか共演できるかもしれません。そのときはどうか、よろしくお願い致します。私も良い作品を作り上げるために表現者としてもっと努力してまいります。

 

千広 私は一度お芝居の世界から離れていたのですが、成美ちゃん(柚木)が背中を押してくれたおかげで、またお芝居を始めることになり「サヨナラワーク」への出演が決まりました。きっかけはどこにあるか分かりません。自分の周りにいる人を大切にしながら夢に向かって続けていこうと思っています。私自身まだまだ成長過程なので夢を目指す方と一緒に頑張っていきたいです!

 

 

サヨナラワーク

 

取材・文 / 倉本浩栄 撮影 / 大島曜

 

ページトップへ

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約

 

サヨナラワーク

 

CAST

千広真弓 柚木成美 三輪友実 くにえださわこ 恩田嘉子(全公演出演)
高木萌子(21日20:00/24日13:00・18:00の回出演)
青木満理子(22日20:00/23日13:00・18:00の回出演)

 

公演会場

池袋シアターグリーン BOXinBOX Theater http://www.theater-green.com/

 

公演期間

2015年5月21日~24日 各回上演時間 約1時間15分
公演日数4日間 全6ステージ

 

タイムテーブル
5月21日(木) 20:00~
5月22日(金) 20:00~
5月23日(土) 13:00~ 18:00~
5月24日(日) 13:00~ 18:00~

 

チケット情報、チケット予約

全席自由席
一般:前売り3500円 当日3800円
高校生以下:1000円(要学生証

 

携帯からの予約はこちらをクリック!



 

※すべて当日清算となります。予約後、観劇当日、受付にて料金をお支払いください。
※当日券あります!
 受付にて「オーディションプラスを見た」と言って頂ければ前売り価格でお求めいただけます。

 

 

 


2015/5/25追記。
舞台「劇場版 サヨナラワーク」は大好評のうちに終了しました!
ご来場いただいた皆様、少しでも記事に興味を持っていただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

ページトップへ

1.ストーリー、プロフィール

2.スタジオ公演を終えて成長できたこと

3.舞台「劇場版 サヨナラワーク」への意気込み、改善点

4.高校生の自分にエール、高校以下1000円!

5.役者としての決意

6.舞台「劇場版 サヨナラワーク」公演情報、チケット予約