オーディションプラス

 

杉並演劇祭優秀賞受賞「劇団Яeality」第六回公演オーディション

主催

劇団Яeality

 

募集締切

2018/5/11

 

募集内容

劇団Яealityとは、母体大学を持たない学生演劇団体です。
6回目となる本公演では、過去作の中で最も再演をして欲しいとの声が多かった第4回公演「WANTED」を再演することになりました。
つきましては、私たちと一緒に舞台を作ってくれる方を募集いたします。

 

【あらすじ】
過去の大戦での敗戦国。「理性的な国家」を目指すため、感情が一定量をこえると警告音が鳴る機械、U−checkが国民全員に着用が義務付けられた。
主人公八作は、U−checkの開発者太郎の孫であり、現在U−check管理局の局長である陽人の息子。しかし、八作とその周りの少しの友人達は、U−checkの在り方を疑問視していた。
ある年の夏休み、八作の叔母桜と共に、太郎が晩年を過ごした無人島を乃亞、小恋、瑛琉と共に訪れる。そこに待ち受けていたのは、U-checkを破壊できるアンドロイド、山田であった。

 

【募集役】
小恋(ちゃこ)…天然少女。夢見がちな性格で、勝手に突っ走り問題を起こすことが多い。
瑛琉(えいる)…真面目な学級委員長タイプ。とても頭が良い。
桜(さくら)…八作の叔母で、自分の正しいと思ったことを貫き通す。元ヤンキーだったりなかったり。
陽人(はると)…八作の父。とてもお堅い人で、U-checkに疑問を抱いている八作に手を焼いている。悪役ポジション。逆チームでアンサンブルキャストとして出演していただきます。
太郎(たろう)…U-checkの開発者であり、八作の祖父。既に亡くなっている。歴史に名を残した天才。逆チームでアンサンブルキャストとして出演していただきます。

 

全てダブルキャストで募集致します。

 

【公演日時】
2018/9/6〜9/9
荻窪小劇場にて。
小屋入りは9/3。
各キャスト4回ずつ公演を行います。

 

【オーディション日時】
2018/5/12、5/13
横浜市の施設にて、一人1時間程度の面談と実技を個人面接で行います。
日程が難しい方はご連絡ください。個別対応致します。

 

脚本が読みたい方は、その旨をお知らせください。

 

オーディション参加費

初回顔合わせ時、公演協賛金として一万円徴収いたします。(このお金は公演後返却致します)
チケットノルマは20枚の予定です。

 

応募資格

8月頭から横浜市で行われる稽古に参加できる方
(初めは週3日程度。公演が迫るにつれて週6日になります。NG対応可能)
18~25歳程度の大学生(専門学生、院生も対象)

 

応募方法

名前(芸名可)、読み仮名
大学名、学年、年齢
最寄駅
芸歴(あれば)
連絡先
希望役
顔写真

 

を明記の上、5/11までにgekidanreality@gmail.comまでご連絡ください。

 

お問い合わせ

gekidanreality@gmail.com

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

 

最新情報をお届けします