オーディションプラス

 

オーディションプラス内 検索

[めがね×演劇]集団視力検査 出演者募集

オーディション オーディションプラス-[めがね×演劇]集団視力検査 出演者募集 ルナティック演劇祭 最優秀脚本・演出賞受賞作品 主催:集団視力検査、カテゴリ:舞台

 

主催

集団視力検査

 

募集締切

2018/9/20

 

募集内容

ご覧頂き、誠にありがとうございます!
めがねや視力に関する公演をする為に立ち上げた 「めがね×演劇ユニット 集団視力検査」が
第3回公演「LASIKKER」の出演者を広く募集いたします。

 

旗揚げ公演として挑んだ第 9 回ルナティック演劇祭では、 初舞台、初演出、初脚本ながら
「最優秀脚本賞」「最優秀演出賞」を受賞。
この度の公演は受賞作品の完全版となります。

 

 

集団視力検査の物語を共に作り上げてくださる出演者を求め、オーディションを行います。

 

 

我こそはめがね役者だ!

 

実はめがねをかけて活動はしてはいないが、普段はめがねなんです!

 

めがねかけたことはないけど、興味がある!

 

コンタクト派だけどたまにはめがねもいいかも!

 

単純にお芝居がしたい!

 

 

なんて方々大歓迎です!
一緒に、ちょっと不思議なめがねのお話をつくりませんか?
お気軽にご応募くださいませ!

 

【公演期間】-------------------------
2019年6月 5日(水)〜9日(日) 予定
日暮里 d-倉庫

 

 

【稽古日程】-------------------------
2019年4月より稽古開始
週1〜3日程度の稽古を予定、本番期間一週間前より集中稽古。
2019年6月3日小屋入り

 

 

【あらすじ】----------------------
レーシックで視力を矯正することが当たり前となった時代。
日本の首都「東京帝都」では”レーシック義務化制度”が政府により可決され、レーシック手術を受けなければ人権を得ることすら出来なかった。
レーシック手術を受けたエリートのみで構成された政府直属部隊「レーシッカー」は、いつしか政府の指令で非レーシック者の象徴である《めがね》を粛清する組織になっていた。
そして今レーシッカーによる通称”めがね狩り政策”は過激の一途を辿っていく・・・

 

2016年、旗揚げ公演としてたった2回の上演を行ったLASIKKERが完全版として戻ってくる。

 

 

集団視力検査の原点

 

あなたの心にめがねはありますか?

 

オーディション参加費

参加費無料。
※会場までの交通費等は各自ご負担ください。

 

応募資格

・本番期間、稽古期間の上記日程で参加可能な方
※稽古についての欠席、遅刻等はお気軽にご相談ください。
・事務所、劇団等に所属している方は、所属団体より参加の了承が頂ける方。
・W キャストの可能性がございます。そちらをご了承頂ける方。

 

 

・ノルマなし、チケットバック制。
チケット売上枚数に応じてボーナスあり。
ノルマはございませんが、多くの方々にご覧頂けます様、お声掛けなど集客にご協力頂ける方。

 

応募方法

一次審査 書類選考
二次審査 実技審査
※9/22(土)、または 9/23(日) のどちらか都内にて行います(所要時間1時間程度を予定)
詳細は一次審査合格の方にのみ連絡致します。

 

 

 

オーディションご希望の方は、【オーディション希望】という件名をご記載の上、
syudanvisiooon@gmail.com
まで以下をご連絡ください。

 

 

・お名前(ふりがな)
・所属(あれば) ・年齢
・芸歴
・視力 (おおまかで大丈夫です。※審査の結果には一切影響致しません、2.0 大歓迎!)
・自己 PR(一言でも長文でもなんでも可)
・ご連絡先(メールアドレス、電話番号)
・写真(バストアップ 1 枚)

 

 

ご連絡頂いてから1週間以内に必ずご返信致します。
万が一、1週間過ぎても返信が無い場合はお手数ですが、団体までお問い合わせ下さいませ。
〆切は9/20とさせて頂きます。

 

お問い合わせ

syudanvisiooon@gmail.com
集団視力検査

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします