オーディションプラス

Voyantroupe 新作公演オーディション

偏執狂短編集4.5オーディション 3/2(Sat)開催

主催

Voyantroupe

 

募集締切

2019/2/28

 

募集内容

【偏執狂4.5オーディション 3/2(Sat)開催!】
昨年の偏執狂短編集4において上演中止となった
妲己とマルキ・ド・サドの2作品と、
新たに《魔女裁判》と《アーサー・シャウクロス》
を題材とした2作品の上演が決定!

 

※当オーディションでは上記新作2作品の出演キャストを募集しています!!

 

 

【偏執狂短編集(Paranoia papers)とは】
実在した偏執狂(Paranoia)をモチーフに創作された短編集のこと。
エログロ、ナンセンス、ホラー、猟奇的表現を披露する内容は演劇業界では類を見ない過激な表現を多分に含むオトナのエンターテイメントである。

 

Voyantroupe第4.5回本公演
『Paranoia Papers 〜偏執狂短編集Ⅳ.Σ〜』
脚本・演出:宇野 正玖
2019年6月21日(金)~7/1日(月)
於:サンモールスタジオ

 

公演の構成:4つの短編×2パターンのオムニバス公演です。
ダブルキャストでの公演ではありません。

 

稽古開始:2019年4月初旬より
※稽古期間内の欠席は応相談。

 

【オーディション日程】
2019年3月2日
【応募締切】
2019年2月28日 23時
【参加費用】
審査料として、2000円頂戴致します
【会場】
東京都新宿区内
【応募資格】
年齢、経験有無不問
【服装】
ジャージなどの動きやすい格好。

 

※オーディション用脚本は応募者にメール、
または郵送にて送付いたします。

 

 

 

 

【脚本・演出 宇野正玖(うのまさひさ)】
劇作家、演出家。Voyantroupe主宰。
第14回日本劇作家協会新人戯曲賞優秀賞を受賞。
同団体刊行の戯曲集に脚本が収録される。
 2005年に劇団を立ち上げ、演出、脚本をつとめる。圧倒的に筆が早く、2作同時上演なども数多く手がける。
独特の世界観、人間観をもって演出にあたり、容赦のない想像力で未だ見たことのない景色を求め続ける。
人間の根底に生でふれるような大胆でドラマチックな舞台と人生を作る。
近年では映画作品への脚本提供、演劇講師など幅広く活動しており、特に役者の育成に関して、人間的な成長に基づく独自の指導スタイルを確立。

 

オーディション参加費

審査料として2000円を頂戴致します

 

合格後にかかる費用

チケットノルマはありません。

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

詳細はお問い合わせください

 

応募資格

年齢性別・経験不問です

 

応募方法

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【オーディション参加の流れ】
1.下記のHP内、下部フォームよりエントリー

2.劇団より確認メール送信

3.劇団よりオーディション用脚本配布

4.オーディション(3月2日)

5.合格通知

6.4月より稽古開始

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
【ご応募はこちらから】
携帯もしくはPCより下記のHPからご応募ください。
(※要バストアップ写真添付、写メ可)

 

 

http://signalworks.xsrv.jp/vt4-5au

 

お問い合わせ

voyantroupe@gmai.com

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

 

最新情報をお届けします