[京都]松田正隆作・演出「シーサイドタウン」出演者募集

書き下ろしの新作演劇公演 主催:ロームシアター京都、カテゴリ:舞台

主催

ロームシアター京都

 

募集締切

2020/4/30

 

募集内容

ロームシアター京都が2017年度から取り組んでいる<レパートリーの創造>は、作品が劇場のレパートリー演目として時代を超えて末永く上演されることを念頭に、劇場が主体的に作品製作に取り組むプログラムです。第4弾となる2020年度は、劇作家・演出家の松田正隆さんと共に作品を創ります。創作に向けた新しい出会いのために、出演者を募集します。

 

【募集期間】2020年4月3日(金)~4月30日(木)
【募集人数】5名程度

 

【公演概要】
日程(予定):2021年1月28日(木)~31日(日)
会場:ロームシアター京都 ノースホール

 

【あらすじ】
この国の西の果て、海辺の町(N 市)。一軒の空き家に一人の男(シンジ)が住みはじめる。シンジは東京で職をなくし行き場を失い、故郷に帰ってきた。荒廃していく地方の町で、地縁と血縁が重くのしかかり、人と人の関係は変わらない。シンジもまた、その関係性に戻っただけのような生活を送る。けれども、「何かの兆し」は常に現れ、人々はそれを感じ取っていく。

 

松田正隆 Masataka Matsuda
(劇作家・演出家・マレビトの会代表)
1962 年、長崎県生まれ。96 年『海と日傘』で岸田國士戯曲賞、97 年『月の岬』で読売演劇大賞作品賞、99 年『夏の砂の上』で読売文学賞を受賞。2003 年「マレビトの会」を結成。主な作品にフェスティバル・トーキョー2018 参加作品『福島を上演する』など。2012 年より立教大学現代心理学部映像身体学科教授。2019 年ロームシアター京都自主事業「劇場の学校プロジェクト」演劇コース講師も務める。

 

企画製作:ロームシアター京都
主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

 

オーディション参加費

なし

 

合格後にかかる費用

なし

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

出演が決定した方とは、契約を取り交わした上で、リハーサルから上演終了までの出演謝金(日当、交通費を含む)をお支払いします。遠方から参加される場合は、上限額を設定した上で別途旅費の支給を検討します。

 

応募資格

・応募時点で18歳以上の方。性別、国籍は不問。ただし、配役にあたって応募者の属性を考慮することがあります。
・下記リハーサルにすべて参加できること。
(1)7月20日(月)~26日(日)
(2)8月31日(月)~9月7日(月)
(3)11月13日(金)~23日(月・祝)
(4)12月18日(金)~28日(月)
(5)2021年1月8日(金)~上演まで

 

応募方法

以下の資料をご用意の上、以下の専用フォームよりご応募ください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/4032441d192749

 

01|経歴書
必要事項:氏名、ふりがな、性別、生年月日、メールアドレス、住所、電話番号、俳優としての活動歴
02|プロフィール写真(3MB以内)
03|作文「演劇における俳優の役割について」(800字以内)
04|過去の出演作品に関する資料(任意、3MB以内)※映像資料はリンク先URLをご記入ください。

 

3日以内に受付完了メールをお送りします。連絡がない場合はお問い合わせください。

 

※ご応募の際いただきました個人情報に関しましては、ロームシアター京都で管理し、今回の出演に関する連絡のみに使用し、それ以外には使用しないことをお約束いたします。
※個人情報保護法に基づき、目的以外の使用、第三者への売却、譲渡などは一切いたしません。

 

【選考について】
(1) 書類審査
応募締め切り:4月30日(木)23:59
結果発表:5月7日(木)までにメールにて通知いたします

 

(2) ワークショップ形式のオーディションを実施
実施日時:5月15日(金)18:00~20:00
16日(土)13:00~18:00
17日(日)13:00~15:00
場所:ロームシアター京都
結果発表:5月25日(月)までに通知いたします
※オーディションの時間は変更になる場合がございます。
※オーディション会場までの交通費・宿泊費等はご自身での負担となりますのでご了承ください。

 

お問い合わせ

ロームシアター京都(担当:齋藤、宮崎麻)
電話:075-771-6051
メール:oubo@rohmtheatrekyoto.jp

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします