‪危機の時代への提言三部作「月光の娘」出演者募集‬

‪危機の時代への提言三部作「月光の娘」出演者募集‬

主催:ENGISYA THEATER COMPANY、カテゴリ:舞台

主催

ENGISYA THEATER COMPANY

 

募集締切

2020/5/14

 

募集内容

東日本大震災、
津波。
父は津波に流されて死んだ。

 

お父さんは私がみたものを信じてくれた。
約束したの、片足がなくたって、きっと踊ってみせる、わたしの身体、まだ踊れる。

 

この世はもとから神秘に満ちている
人はいつのまにかそのことを忘れてしまった

 

大切なことを見失った日本
もう間に合わないかもしれない

 

それでも今を生きる私達は
未来の子供達のために変えなければならない
でないと人類は滅びる

 

祈りのある未来を綴るために
天命を持つ女性達と
苦悩に満ち、’'ほんとう''を求める男達の物語。

 

●公演概要●
舞台『月光の娘』 作・演出:大村未童
製作:ENGISYA

 

●劇場●
てあとるらぽう
〒171-0051
東京都豊島区長崎5-1-32城北日専連ビルB1F

 

●登場人物一覧●
瞳 中学の時、東日本大震災で被災し、父を失う。「私、踊るね」という父との約束を守り、ベルリンでの公演が決まるが、目前のところでトラムと衝突事故に遭い片足を失う。
音楽家 瞳の恋人。本当の両親の顔を知らない。
農夫 瞳の父。瞳が幼い頃、妻が出て行った。農業を営みながら瞳を育てる。
尼僧 瞳の母。家族を捨てた罪悪感か、仏門に入る。
実業家 ホステスの愛人 農夫に誘われ、なぜか被災地を訪れる。
ホステス 実業家の愛人 音楽家の母。後の観世音菩薩。
春 実業家の娘だが、生まれて来れなかった。瞳の娘として、生まれ変わる。

 

●チケット●
3800円(予定)

 

【ENGISYA主宰・作・演出 大村未童 プロフィール】
20代でニューヨーク・アクターズ・スタジオのゼン・ヒラノからメソッド・アクティングを学ぶ。
その後、ハリウッド映画キャスティング・ディレクターである奈良橋陽子のカンパニーに所属し、マイズナー・システムを学ぶ。
奈良橋陽子主宰の俳優養成所、また、自ら設立したカンパニーにて舞台演出、演技指導を行う。
30代で、故・今井雅之らと共に舞台「WINDS OF GOD」のロサンゼルス及びニューヨーク公演に出演。
その演技を、ロサンゼルス・タイムズ紙等で絶賛される。その後、世界的な舞踏ダンサーの大野一雄、大野慶人と出会い、感銘を受け弟子入りし、
大野一雄舞踏研究所で命の身体性を学び、
40代でヨーロッパに渡り、俳優、クラウンやダンサー、バレリーナと数々のワークや公演を行い、表現を追求する。
その後演劇活動を再開すべく東京に戻り活動を続ける。

 

オーディション参加費

なし
ENGISYAアトリエにて
5/16 18時に面接、読み合わせを行います。
(所要時間は1時間程度を予定)
書類選考あり 合格の方のみご連絡させていただきます。

 

合格後にかかる費用

ノルマ
能力により応相談

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

チケットバックにて支給
1枚目から1枚につき1000円バック
31枚目以降1枚につき1500円バック
※全ての精算は9/14打ち上げ時に行う予定

 

応募資格

謙虚さと感謝、覚悟と本気を持った者とだけに絞ります。

 

●稽古スケジュール●
稽古日程 8/15稽古開始(週5回)
9/3~集中稽古
※稽古場 ENGISYA アトリエ
東京都足立区東綾瀬2-18-14 2F

 

●上演スケジュール●
2020年9/11(金)~9/14(月)
9月
11(金)14:00公開ゲネ/19:00
12(土)14:00/19:00
13(日)14:00/19:00
14(月)15:00
※上演時間は約1時間半

 

応募方法

●応募方法●
件名を「月光の娘オーディション」とし、
・お名前(フリガナ)
・簡単なプロフィールと顔写真
・映像資料 なければ自己紹介動画
engisya@gmail.com
上記の内容をメールアドレスにてご連絡下さい。

 

お問い合わせ

engisya@gmail.com

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします