[愛知]体現帝国 ガリバー旅行記 WSオーディション

移動式野外作品への参加メンバーを募集 主催:体現帝国、カテゴリ:舞台

オーディション [愛知]体現帝国 ガリバー旅行記 WSオーディション 移動式野外作品への参加メンバーを募集 主催:体現帝国、カテゴリ:舞台

主催

体現帝国体現帝国のtwitter

 

募集締切

2020/7/24

 

募集内容

体現帝国 第九回公演「ガリバー旅行記」の作品制作にあたって2日間の出演者およびスタッフのワークショップオーディションを開催します。
多くの方々の参加をお待ちしております。

 

公演概要案
ガリバー旅行記
原作|ジョナサン・スウィフト
演出|渡部剛己

 

日時|12月7日(月)~12月13日(日) 各日19:30~
会場|名古屋市内にて野外移動式上演

 

演出ノート
 本公演では、不安に駆られるあまりに人を傷付けられてしまう人間の恐ろしさを童話冒険劇の劇形式を用いて愉快に立ち上げます。
 今回、原作として選んだジョナサン・スウィフト作「ガリヴァー旅行記」。
この本は四篇からなるレミュエル・ガリヴァーの航海日誌という形式で書かれた世界的に有名な風刺小説。
彼は旅の中で不思議な島に漂着し、そこでのいざこざに巻き込まれます。
これは当時のイギリス国およびイギリス人を島やその島に住む人々として描いており、人間の持つ醜悪さや滑稽さをユニークに描き出します。
当時のイギリスを主題に書いてはいますが、現代にも通じる人間の問題を多分に含みます。
 本公演は、原作の「ガリヴァー旅行記」を下敷きに不思議な島(日本)に迷い込んだ一人の男の冒険という童話冒険劇を用いて、今、問題にまみれた日本と日本人を炙り出し、更には普遍的な人間の醜悪さを立ち上げます。
特に「人を疑うこと」について、主題を置いた作品としたいです。
20年前とは違い、テレビのニュースだけでなくSNSで多様な情報を得られる状況の中、新型コロナウィルスという大きな事件が発生しました。
そこで起きた真の恐怖は、情報を疑うこと、他人を疑うこと、他国を疑うこと、自国を疑うこと。
もう少し言えば、疑わざるを得なくなってきたことのように思います。
そして多くの私たちは無意識にそのような流れに飲み込まれてしまいます。
この「必要以上の不安」は、必要以上の自粛や取り締まり、弾圧を産み、ウィルス以上に人を殺す恐怖の存在となったように感じます。

 

渡部剛己
演出家。体現帝国主宰。
1987年生まれ、愛知県出身。
2008年-2012年[体現帝国]を主宰。演出を担当。
2012年-2016年[演劇実験室◉万有引力]に所属。
2017年より[体現帝国]を再開。
身体に重点を置き、舞台芸術でしか創造できない世界を模索する。
利賀演劇人コンクール2016 優秀演出家賞 二席受賞

 

オーディションのスケジュール

オーディション日
7月25日(土)13:00〜20:00
7月26日(日)13:00〜20:00
オーディションへの途中参加、早退かまいません。
単日の参加、ワークショップのみの参加も可能です。

 

当日タイムテーブル
13:00〜身体訓練
14:00〜地獄の○×クイズ
14:30〜身体操作
16:30〜休憩
17:00〜シーンの作成 〜20:00

 

合否の連絡は7月31日(金)を予定。
合格者は謝礼金や参加スケジュール等を協議の上、契約へ進みます。

 

合格後のスケジュール

8月より、合格者のスケジュールを踏まえて稽古を開始。
目安としては
8月 週2日
9月 週3日
10月 週3日
11月 週3日
12月 週4日

 

オーディション参加費

各日5,000円
※両日参加の場合、2,000円キャッシュバック

 

合格後にかかる費用

なし

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

所定の給与をお支払いします。
詳細な額については、合格後にお話させていただきます。
チケットノルマ、チケットバックはありません。

 

応募資格

参加費を支払えること。
オーディションへの途中参加、早退かまいません。
単日の参加、ワークショップのみの参加も可能です。

 

応募方法

taigenteikoku@gmail.comまで
<氏名><連絡先><希望部署>
を明記の上ご連絡ください。
申し込み頂いた方へ当日について詳細をお知らせします。

 

お問い合わせ

申込み・問い合わせ
taigenteikoku@gmail.com
08069446915
http://watabe-gouki.net/gulliveraudition/

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします