Voyantroupe 第6回本公演出演者オーディション

2021年2月に行われる舞台公演の出演者を広く募集します 主催:Voyantroupe、カテゴリ:舞台

オーディション Voyantroupe 第6回本公演出演者オーディション 2021年2月に行われる舞台公演の出演者を広く募集します 主催:Voyantroupe、カテゴリ:舞台

主催

VoyantroupeVoyantroupeのtwitter

 

募集締切

2020/11/5

 

募集内容

Voyantroupe第6回本公演「暗君 -カリギュラエフェクト-」の出演者を募集します。

 

2021年のVoyantroupe本公演は二本立てのオムニバス!

 

ローマ皇帝カリグラの話ではない。正義の観点から人間を良き方向に導きたいと願う君主が、良かれと思っていつも「これはやっちゃダメだろう」という展開を繰り広げるお話。

 

【STORY】
主人公のスガは暗君たる前任者の解任から君主の座を引き継ぎ、国民からの不満を一手に引き受けてしまった。立て直し善政を布くべく人々を良き道に導こうと神を召喚し、その指示を仰いだ。しかし行間を汲み取れない神は、人間の倫理や暗黙の了解、またはグレーゾーンを理解せず「これはやっちゃダメだろう」という施策ばかりを提案し、スガに実行させる。やがて世界は偏った神の正義によりとんでもない形に変貌していくことになる。現代日本を邪馬台国に置き換えて完全に間違った卑弥呼誕生の歴史を描く。

 

【カリギュラエフェクト(カリギュラ効果)とは】
「見てはいけない」「やってはいけない」という宣伝をすることで逆に見てしまいたくなる、やってしまいたくなる、現象を意味する。映画「カリギュラ」を規制したことから派生したポピュラー心理学用語。

 

~~~

 

過去公演特設サイト
「Paranoia Papers 〜偏執狂短編集ⅣΣ〜」
http://voyantroupe.com/stage/vt04.5/

 

「ヘンリー・リー・ルーカスにまつわる..」
http://voyantroupe.com/stage/vt05/

 

~~~

 

【Voyantroupeとは】
2015年、前身の海賊ハイジャックから改名して創立。代表作は偏執狂短編集1〜4など。猟奇殺人鬼や闇歴史を主題とする舞台を企画する。

 

〔狭く深い、強烈な世界観を提示して、叙情的な脚本に偏執的な役者を配し、常に挑戦的、懐疑的なスタイルを貫いた上で、かつてない視点から人間を礼讃する。パラノイア蒐集劇団。voyant(見者)+troupe(劇団)による造語。〕

 

Voyantroupe公式サイト
http://voyantroupe.com/

 

オーディションのスケジュール

11/7(土)18:00~20:00
演技と面接による審査。
新宿区内の会場にて。

 

合格後のスケジュール

顔合わせ:12/8(火)
通常稽古期間1:2020年12月上旬〜12月末(週4 火金土日)夕方より
通常稽古期間2:2021年1月上旬〜2月上旬(週5 火木金土日)夕方より
直前稽古期間:2020年2月上旬〜(毎日)昼より

 

オーディション参加費

1,000円+交通費

 

合格後にかかる費用

稽古場までの交通費のみ、ご負担いただくことになります。

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

チケット売上からのバック

 

応募資格

年齢、性別、経験不問。
但し、未成年者の場合は保護者の同意が必要になります。

 

応募方法

http://signalworks.xsrv.jp/vt06au
上記URL内の応募フォームのみからの受付となります。

 

お問い合わせ

voyantroupe@gmail.com

 

 

報告する

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします