ACT「せっかく死んだのに」(仮) オーディション

芸能の道を志すアナタのためのオーディションサイト

ACT「せっかく死んだのに」(仮) オーディション

ACT「せっかく死んだのに」(仮) オーディション
主催:三栄町LIVE、カテゴリ:舞台

主催

三栄町LIVE

 

募集締切

2021/11/21

 

募集内容

【あらすじ】
就活に失敗した主人公・尚子は、自分の存在価値を見失い、ついに自殺する。
「この世界の全てを呪ってやる」と強く念じながら。
しかしいざ死んでみると、霊界は「働き方改革」の真っ最中。
霊の仕事は人を「怖がらせる」から「笑わせる」へと変わり、おどろおどろしい容姿の地縛霊たちが、必死に人を笑わせる練習をしていた。
せっかく死んだのに、呪えない…?
尚子も否応なく、この改革に巻き込まれていく。
やがて出会った、一人の少女との心の交流。
そして明らかになる、「オバケの働き方改革」本当の目的。
果たして尚子は、この世に遺した恨みを晴らし、成仏することができるのか?

 

■脚本・演出 明星圭太
26歳。劇団赤飯の作・演出を担当。’19年には早稲田大学出身の演劇ユニット・もちもちとの合同公演を敢行。現在はテレビドラマの脚本家を目指して活動中。今回が長編舞台初演出。
■プロデューサー:西本健太朗
1992年11月1日生まれ。ACT代表。株式会社PuR所属。 0歳から芸能活動を行い、幼少期は蜷川幸雄演出作品に子役として出演。 2006年「タイタスアンドロニカス」では、イギリスでの公演も経験する。その後、2014年には演出家としてもデビュー。 2014年12月に立ち上げたACTでは主に企画プロデュースを行う。2020年12月オルタナティブシアターで行われた「グーとパーをチョキを出す」 で演出を務める。

 

オーディションのスケジュール

【オーディション場所】東京都内にて行います
【オーディション日】2021年11月23日(火祝)13:00〜18:00(19時まで時間を延長する可能性もございますので希望スケジュールをご提出する際は19時からの会になっても問題ないかの可否もご連絡ください)[の内約30分]

 

合格後のスケジュール

【公演日】2022年5月10日(火)〜5月22日(日)全16ステージ
【公演会場】三栄町LIVE STAGE(四谷三丁目)
【稽古】顔合わせ4月7日(木)昼、4月11日(月)〜5月8日(日)13:00~22:00、5月9日(月)小屋入り・場当たり

 

オーディション参加費

なし

 

合格後にかかる費用

特になし

 

報酬や給与、賞金や賞品、手当など

【条件】チケットノルマなし、1枚目からチケットバック制(物販バックも有)。

 

応募資格

【参加資格】年齢 17~30歳に見える健全な女性・男性。
稽古期間、公演日に参加できる方。(稽古NGは要相談、事務所に所属の方は許可があれば可)。皆で1つの作品を創る意識のある方(ダブルキャスト時はスタッフ作業もしていだく可能性がございます)

 

応募方法

【応募方法】三栄町LIVEメールにて受付
件名「ACT公演オーディション」
①プロフィール(過去の経歴など)
②宣材写真(上半身)1点
③オーディション希望可能日時

 

以上を明記の上 三栄町LIVE  ad@3eicholive.com までメールにてお送りくださいますよう宜しくお願い致します。
こちらから詳細等折り返しご返信致します
※オーディションスケジュールのご連絡が前日になる可能性もございます。提出の際にいただく希望スケジュールを考慮し行いますのでご提出していただいてからのご変更はご遠慮ください。
※エントリー状況によってはご希望のスケジュールにそぐえない可能性もございます。そうなる場合はこちらからご連絡いたします。
締め切りは11月21日(日)21:00まで

 

お問い合わせ

三栄町LIVE HP http://3eicholive.com/

 

 

報告する

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします