戦略的な考え方でオーディションに合格しよう

 いくつも受けているのにオーディションに合格できない。どうすればオーディションに合格するのだろう。

 

 芸能界を目指す多くの方にとって、共通の悩みかもしれませんう。

 

 そんな方はもしかすると、オーディションを受けるにあたっての戦略が足りないからかもしれません。

 

 準備の仕方、受けるかどうかの判断、アピールポイントの確認など、オーディションにおいても戦略が必要です。。

 

 闇雲にオーディションを受けても、審査員がが望むような人でなければ受かりません。

 

 では、どのような考え方をすれば戦略的にオーディションに臨めるようになれるのでしょうか?

 

 本コーナーは、オーディションになかなか合格できないという方のために、考え方のヒントになればと思い書きました。

 

 なお、このコーナーで挙げている戦略的な考え方は、孫子の兵法をモチーフとしています。興味のある方はぜひ。

 

孫子の兵法とは、中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書です。
兵法書ですが、自分の人生をいかに有意義にするかというような、現代のビジネスや生活にも通用する本質がまとめられています。
これはオーディションの”戦い方”においてもあてはまると思います。古代の兵法を現代のオーディションに応用し、合理的な対策を考えていきましょう。

戦略的な考え方でオーディションに合格しよう記事一覧

 孫子の兵法始計篇では、戦いの始めるにあたって強く心に留めておきたいことが書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。新しく事を起こすのは多くのリソースを費やすものである。勝算がなければ戦わない。備えの無いところを突く。=>ブルーオーシャン オーディションにおいては、そのオーディションを受けるにあたっての準備の仕方、受けるかどうかの判断、アピールポイントの確認といった...

 孫子の兵法作戦篇では、迅速に勝つためにはどうすればよいかが書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。無駄なことは続けない。力技を続けない。目的を常に確認する。コラボレーションを考える。実績を有効に利用する。 オーディションにおいては、オーディションまでの準備、心構えが該当します。兵は拙速なるを聞くも、巧久なるを未だみざるなり兵は拙速なるを聞くも、巧久なるを未だみざ...

 孫子の兵法謀攻篇では、戦わずに勝つことの大切さが書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。知謀で勝つ。アイデアは常に考え続ける。自分を知り敵も知れば勝てる。自分を知っていても敵を知らなければ引き分け。自分も敵も知らなければ負ける。敵を知り自分を知れば勝つ彼を知り己を知れば百戦あやうからず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず...

 孫子の兵法軍形篇では、計画や準備の大切さについて書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。勝ちやすい状況を作って無理なく勝つ。計画を立てて、勝機が見えたら一気に実行する。時が来るまでは守りをしっかりと孫子曰く、昔の善く戦うものは、先ず勝つべからざるを為して、以って敵の勝つべきを待つ。対訳 孫子はいう。昔において戦いの上手な者は、まず味方を固めて的に勝たせない態勢を...

 孫子の兵法虚実篇では、主導権を握ることの大切さについて書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。主導権を握る。主導権を握れない場所にはいかない。主導権を握れる場所・分野を作る。誰も考えないような、手を付けないような分野を狙う。常に毅然と立ち向かう。自分たち手の内を見せたり、ペラペラ喋ったりしない。成功体験に固執しない。セオリーはない。先んずれば制す孫子曰く、およそ...

 孫子の兵法軍争篇では、急がば回ることの大切さについて書かれています。 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。ピンチをチャンスに変える。短絡的に考えない。急がばまわれ。情報に基づいた計画を立てる。思いつきではダメ。新しい分野に進出する際は事情に詳しい人に案内を頼む。風林火山影雷分かりやすいスローガンなどがあると心を一つにさせやすい。勢いのある敵に真っ向からぶつからない。急がばまわ...

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

最新情報をお届けします