オーディション合格への道

 

始計篇

 孫子の兵法始計篇では、戦いの始めるにあたって強く心に留めておきたいことが書かれています。
 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。

  • 新しく事を起こすのは多くのリソースを費やすものである。
  • 勝算がなければ戦わない。
  • 備えの無いところを突く。=>ブルーオーシャン

 オーディションにおいては、そのオーディションを受けるにあたっての準備の仕方、受けるかどうかの判断、アピールポイントの確認といったことに該当します。

 

戦いを始めるときは慎重に考え抜いて行わなければならない

孫子いわく、兵なるものは、国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。

対訳

 孫子は言う。戦争は国の大事であり、人の生死や国の存亡に関わったりする。だから慎重に考えぬいて行わなければならない。

 

オーディションを受ける際は慎重に考える

 孫子は戦いを始めるには、多くのリソースを必要とするので相当考えぬいて慎重に決めないといけないと言っています。勝算がなければ戦わないということです。
 オーディションを受ける場合はそこまで慎重になることはありません。だからといって闇雲に受ければいいというものでもありません。
 オーディションばかり受けて生活がままならなくなったり、なんとなくで受けてみて思っていたのと違ったなんてこともあります。
 オーディションを受ける際は情報をしっかり確認し、自分にとって本当にプラスになるか検討してから臨みましょう。

 

戦いの準備をするにあたってチェックしておくこと

これをはかるに五事をもってし、これをくらぶに計をもってして、その情をもとむ。
一に曰く道、ニに曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。
道とは民をして上と意を同じくするなり。ゆえにこれと死すべく、これと生きくべくして、そむかざるなり。
天とは、陰陽、寒暑、時制なり。
地とは、遠近、険易、広狭、死生なり。
将とは、智、信、仁、勇、厳なり。
法とは、曲制、官道、主用なり。
およそこの五者は、将は聞かざるなきも、これを知る者は勝ち、知らざるものは勝たず。

対訳

 5つの事を敵と比較し、計算し、敵と味方の実力を知らなくてはならない。
 その5つとは、一に道、ニに天、三に地、四に将、五に法のことである。
 道は、民と上の者との心を一つにするということである。そうすれば民は上のものと心を一つにして、危険をおそれず背くこともなくなるのである。
 天とは、陰陽や気温や時節のことである。地とは、戦場までの距離の遠近、地形の険しさ、進退が自由になれるかである。
 将とは、将軍の知恵、信義、兵士への思いやり、勇敢さ、厳しさのことである。
 法とは、軍の編成、官職の配置、物資の運用に関するきまりのことである。
 これら5つの事は、将軍なら誰でも知っているはずだが、これを本当に理解しているものは勝ち、よく理解できていないものは勝てないのである。

 

オーディションを受けるにあたって前もってチェックしておきたいこと

 戦いの準備をするにあたって5つのチェックポイントがあると孫子は言っています。すなわち道、天、地、将、法のことですが、オーディションにおいてはおおよそ次のようなことがチェックポイントと言えるでしょう。

  • 道…そのオーディション対象(作品・イベント・事務所)は多くの人に感動を与えているか?
  • 天…そのオーディション対象は今の時代にあっているか?
  • 地…そのオーディションは自分にあっているか?自分の長所を活かせるか?自分の技量にあっているか?
  • 将…審査員や主催者は真摯であるか?公平か?
  • 法…オーディション対象の体制は十分か?あやしいところはないか?

 

兵とは詭道なり

兵とは詭道(きどう)なり。
ゆえに能うもこれに能わざるを示し、用うるもこれに用いざるを示し、近くしてこれに遠きを示し、遠くしてこれに近きを示す。

対訳

 戦争とは敵を欺く行為である。
 だから、自分に能力があっても敵には能力がないように見せ、ある作戦を用いるときも敵にはそれを用いないように見せたり、自分の軍が近くにいても敵には遠くにいるようにみせたり、遠くにいても敵には近くにいるように見せかけなくてはいけないのである。

ギャップで攻める

 オーディションで例えば歌唱審査があったとしましょう。どの受験者も似たような楽曲を選んで審査員も食傷気味。そこであなたの出番が回ってきました。いわゆるギャップを有効に使ってみましょう。面接ではおとなしく真面目な印象だったのに、歌で急にパワフルになったりしたら、審査員の印象には残りやすいでしょう。他にも、女性が男性の歌をうたったり、男性が女性の歌をうたったりする手も考えられます。特に大きなオーディションでは印象に残ることで合格に一歩近づくことができるでしょう。
 ただし、全てにおいて奇をてらってばかりではいけません。そういう人は敬遠されてしまうでしょう。どこかピンポイントであなただけのギャップを見せて攻めてみましょう。自分の長所をギャップとして見せるのです。敵の予想していないところを突く。備えのないところを突く。これが孫子の兵法における本質のひとつです。

 

参考文献

 

姉妹サイト

オーディション合格への道

 

最新情報をお届けします