オーディション合格への道

 

作戦篇

 孫子の兵法作戦篇では、迅速に勝つためにはどうすればよいかが書かれています。
 現代風にすると、おおよそ次のようなことが書かれています。

  • 無駄なことは続けない。
  • 力技を続けない。
  • 目的を常に確認する。
  • コラボレーションを考える。
  • 実績を有効に利用する。

 オーディションにおいては、オーディションまでの準備、心構えが該当します。

 

兵は拙速なるを聞くも、巧久なるを未だみざるなり

兵は拙速なるを聞くも、巧久なるを未だみざるなり。
それ兵久しくして国利あるものは、未だこれあらざるなり。

対訳

 多少うまくいかない点があって早く切り上げて終わらせる事例はあっても、うまくやって長引いた事例はない。
 そもそも戦いが長引いて国家に利益があったということはないのである。

オーディションを受けると決めたなら素早く準備を

 孫子の兵法の有名なこの項は、よく「兵は拙速を尊ぶ」と混同されることが多く、”考える前に行動しろ”のように使われてしまいます。そうではなく、孫子の兵法では、決めたら素早く始めましょう、無駄なことは続けないようにしましょうといっています。拙速は尊んではいけません。
 オーディション情報を見て、十分に検討し「これはいける!」「これには合格したい」と決断したのなら、あとは速やかに行動に移しましょう。決めたらウジウジ考えてないで、合格に向かって前向きに準備を進めましょう。
 どれくらい勝算(合格の見込み)があれば行動に移せばいいのでしょう。例えば、ソフトバンクの孫正義さんはビジネスにおいて「7割いける」なら実行に移せと言っています。ビジネスではたくさんの人が関わったり、多くのお金を費やしたりします。ですから一概にオーディションと比べることはできません。
 オーディションは基本的に自分個人の戦いです。将来芸能で活躍したいと思っているなら、検討は十分にしつつも少しでも勝算があると感じるならば即行動に移しましょう。決めたら即行動。清々しい気持ちでオーディションに応募しましょう。

 

持久戦は避ける

孫子曰く、およそ用兵の法は、馳車(ちしゃ)千駟(せんし)、革車(かくしゃ)千乗、帯甲(たいこう)十万、千里に糧を送る。
即ち内外の費、賓客の用、膠漆(こうしつ)の材、車甲の奉、日に千金を費やして然る後に十万の師挙がる。

対訳

 孫子は言う。戦いをするとなれば、戦車千台、輜重車(しちょうしゃ)千台、武装兵十万人を出動させ、さらに千里もの遠方まで食料を送らなければならない。
 こうなると国の内外での費用や外交使節などの費用、兵器を補修するための膠(にかわ)や漆(うるし)などの材料、戦車や鎧などの補充で一日に千金もの大金が要る。これではじめて十万の軍が動かせるものである。

力技を続けるのはやめましょう

 戦いを長引かせることはあらゆる面でよくないと孫子は言っています。持久戦になるとさらに疲弊をもたらし、経済も危うくなります。
 オーディションにおいては力技を避けようといったところでしょう。自分の力を過信するあまり、たいした対策もせずオーディションを次々と受けて失敗していくようなことです。このようなやり方では効率が悪いですし、やがて疲弊します。きちんとオーディションに合わせた計画や対策を立て、本番に臨みましょう。失敗したら、まずかったところを振り返って、次の対策に活かしましょう。

 

参考文献

 

姉妹サイト

オーディション合格への道

 

最新情報をお届けします