演出家 正安寺悠造様からのメッセージ

演出家 正安寺悠造様からのメッセージ

オーディション

 

演出家
正安寺悠造

 

●しょうあんじゆうぞう●

 

現在は東京でLIVEのディレクションやダンス公演・演劇の演出、振付等も行っています。元々は大阪で芸能の世界を知り小劇場で活動をしていました。この寺ノ子屋は今年からスタートしたもので、プロの現場に行く手前の作業を色んな方とご一緒してみたいと思い参加しました。

 

 

舞台「笑の日の回遊」出演者オーディション(俳優・ダンサー) について

プロとして活動している人達と小規模の作品を創ってみる。しかし大切なことは、それをプロの現場の人達に見てもらう事にあります。作品を創って提示することは営業だと思っています。そこに金銭的利益を求めるのではなく、先々の利益のために何に繋げ何を得るかに重きを置いています。繋がりやチャンスを作りに来て下さい。

 

求める人物像

この創作プロジェクト内ではアイディアを出したりリクエストに応えて頂きながら勘を研ぎ澄ませていきます。リハーサル期間の3ヶ月で演出家や振付師が求める内容を理解し表現するスピードを上げること。また共演者やスタッフとの共有やコミュニケーションをスムーズにし、その濃度を上げること。この期間で進化が見えれば、各現場でも対応できるようになると思います。そんな可能性が見える方とご一緒したいと思っています。

 

オーディションでしないほうがよいこと

・変わったことをしようとしなくていい
・個性は作るのではなくて滲み出るまのなので、作り込んで挑まない
・技術を見てもらおうとしなくていい

 

オーディションを受ける方へのアドバイス

人は出会って数秒で印象を決めてしまいます。だから入室の段階で自分らしさを感じたもらえるように心がけるといいと思います。頑張ったり作り込んだりすると、頑張りは見えても、その人の人間力は見えないまま終わってしまいます。リラックスしつつ、このオーディションに来た目的や意思を明確に持って挑めばいい仕事と巡り合えると思います。

 

オーディションの詳細・応募

舞台「笑の日の回遊」出演者オーディション(俳優・ダンサー)

 

このオーディションをチェックした人はこちらも興味があります

リンク

オーディション合格への道

 

 

 

最新情報をお届けします